薄毛・抜け毛の予防に大切な5つのポイント

MENU

日常生活で気をつけたい5つのポイント

日常の薄毛ケア

 

薄毛・抜け毛の予防のために、ふだんの生活で特に気をつけたいポイントは5つです。

  1. スカルプケア(頭皮ケア)で頭皮の健康を保つ
  2. バランスの良い食事で必要な栄養を補う
  3. 規則正しい生活習慣と適度な運動
  4. ストレスを溜めない
  5. 喫煙習慣のある人は禁煙する

 

これら全てに共通するのは「頭皮の血行を良くする」ということです。頭皮の血行が大切なのは、髪の成長にとって必要な栄養分が、血液とともに運ばれてくるからです。それが毛母細胞に補給され、毛母細胞の活動が活発になると、髪が成長するのです。

 

 

スカルプケア(頭皮ケア)で頭皮の健康を保つ

髪の健康には、頭皮を清潔にし、頭皮の健康を保つことが大切です。毛穴に皮脂やフケが溜まると、雑菌が繁殖し、抜け毛の原因になります。

 

シャンプーをするときには、地肌の皮脂汚れを落とすことがポイント。指の腹で頭皮をマッサージするように洗うと効果的です。マッサージ効果によって、頭皮の血行を良くし、髪の成長を助けます。

 

すすぎを充分にして、シャンプーの成分を完全に洗い流します。特に、石油合成系の界面活性剤の入ったシャンプーは、頭皮や髪を傷める原因になります。きれいに洗い流したつもりでも、微量に液剤が残っていると、頭皮に炎症を起こしたり、毛母細胞にダメージを与えてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

バランスの良い食事で必要な栄養を補う

髪の毛は、頭皮の下の毛細血管を流れる血液から栄養分を吸収して成長します。髪の毛を作り出す栄養をバランスよく摂ることを心がけましょう。

 

髪の毛の99%は「ケラチン」というタンパク質からできているので、良質のタンパク質を含む食品を食べることが大切です。

 

だからといって、肉類ばかりを食べると脂質の摂り過ぎになります。魚介類、大豆、納豆、牛乳、卵など、タンパク質を含むいろいろな食品を摂ることが大切です。

 

タンパク質は、いったんアミノ酸に分解されて、再び合成されます。この代謝にはビタミンB群が不可欠です。そのほか、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、ミネラルなども髪の毛を作る栄養素として欠かせません。

 

偏った食事や不規則な食生活は、生活習慣病を引き起こすだけでなく、頭皮の健康や髪の成長にも悪影響を及ぼします。食生活を改善し、栄養をバランスよく摂ることが大切です。

 

規則正しい生活習慣と適度な運動

髪の成長には、十分な睡眠と適度な運動が大切です。

 

髪の毛は、夜、寝ているときに成長するといわれています。血液は、起きているときは内臓に、寝ているときは骨や皮膚に多く流れるからです。

 

成長ホルモンの関係も無視できません。成長ホルモンが最も分泌されるのは、夜の10時から2時。眠りについてから3時間に最も多く分泌されるともいわれています。いずれにしても、夜、しっかり睡眠をとることが、髪の成長にとって大切です。

 

また、適度な運動は、全身の機能を高め、血行を良くします。軽い運動は睡眠にも良い効果がありますから、ぜひ続けたいところです。

 

ストレスを溜めない

現代人は、ストレスを溜めやすい環境にあります。過度のストレスが、健康に良くないことは知られています。ストレスは自立神経を乱し、髪の毛を成長させる毛母細胞にも悪影響を及ぼします。

 

とはいえ、ストレスから逃れることはできません。自分なりのストレス解消方法を身につけ、1日のうち少しでもリラックスできる時間を持ち、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

 

喫煙習慣のある人は禁煙する

タバコのニコチンは、血管を収縮させ、血行不良の原因となります。頭皮に十分な栄養が行き渡らず、抜け毛につながります。喫煙は、髪の毛にとって非常に良くない習慣です。できれば禁煙しましょう。

 

ただし、無理に禁煙しようとすれば、ストレスが溜まり逆効果の場合もあります。とはいえ、できれば禁煙するのが賢明です。

 

おすすめのページ

薄毛予防5つのポイント

関連ページ

AGAの3大原因
男性型脱毛症(AGA)の主要な原因は、男性ホルモン・酵素・遺伝。
脱毛症の種類
薄毛や脱毛症には様々な種類、症状、原因があります。主なものをご紹介します。
AGAの進行パターン
男性型脱毛症(AGA)の進行パターンは、大きくはM型・O型・U型に区分され、進行度合いの目安は大きく7段階に分類されます。あわせてAGAの診断基準をご紹介します。
育毛・発毛・増毛・かつら・植毛の違い
薄毛・抜け毛の対処法には、育毛・発毛・かつら・増毛・植毛などかあります。それぞれの違いと、メリット・デメリットを比較してご紹介。